自分の分身を作りたい

自分の分身を作りたい

理系の大学院生だよ

Vagrant上でのディレクトリを初めてgit pushする

ぜひフォローしてください

f:id:daigakukabuu:20181109175202p:plainVirtualBox, Vagrant を使った仮想環境で作成したものをGithubにgit pushしようとしたら、

*** Please tell me who you are.

Run

  git config --global user.email "you@example.com"
  git config --global user.name "Your Name"

to set your account's default identity.
Omit --global to set the identity only in this repository.

fatal: empty ident name (for <vagrant@ubuntu-xenial.(none)>) not allowed

名を名乗るのを忘れていたので、指示通りにメールアドレスと名前を登録

$ git config --global user.email "hoge@hoge.com"
$ git config --global user.name "huga"

これでいけるやろと思ってコミットしたら、

Warning: Permanently added 'github.com,192.30.255.112' (RSA) to the list of known h
osts.
Permission denied (publickey).
fatal: Could not read from remote repository.

Please make sure you have the correct access rights
and the repository exists.

ここで気づいた。 いくら1台のパソコン上とはいえ仮想環境上でのUbuntuからアクセスしているので、母艦(mac)とは別口でSSHの設定をしなければならないということに。

そりゃそうだ。

$ ls ~/.ssh
authorized_keys  known_hosts

当然SSH公開鍵を保存しているid_rsa.pubはなかったので

$ ssh-keygen -t rsa -C "hoge@hoge.com"

作成されたid_rsa.pubをvimで開いてコピー。

Githubの右上の自分のアイコンからSettingsを開いて

'SSH and GPG keys'ページを開いて'New SSH key'を選択。

先ほどコピーしたSSH公開鍵をペースト。

これで完了。

まとめ

  • vagrantで仮想環境を立ち上げる=別のパソコンを立ち上げる
  • つまりSSH公開鍵を新たに作成しないとダメよ
  • 同じ過ちは繰り返さないようにしよう

参考

monsat.hatenablog.com

jsapachehtml.hatenablog.com