自分の分身を作りたい

自分の分身を作りたい

理系の大学院生だよ

ロシア滞在① 1日だけのモスクワ観光

ぜひフォローしてください

この記事ではロシア滞在の様子を伝えてまいりたいと思います。

 

今回のロシア派遣はニジニ・ノブゴロドという都市での滞在となるので、

成田から飛行機でモスクワに向かった後乗継の都合上一晩宿泊する必要がありました。

 

昼過ぎにロシア到着→モスクワで一泊→翌朝国内便でニジニに出発

という流れです。

 

モスクワにはいくつか空港があるのですが、国際線が多数発着していて最もメジャーな空港が今回我々の到着したドモジェドボ(Домодедово)空港になります。

 

空港探索はまあ帰りでええやろということで急行列車でモスクワ市街地に移動。

 

 


 

市街地についてしまえば地下鉄が非常に発達しているのでそこからは地下鉄だけで十分です。

 

ちなみにロシアの地下鉄プラットフォームは宮殿のような内装で非常に綺麗なので、ロシアに来たときは是非利用してみてください。

 

f:id:daigakukabuu:20181004035129j:image

f:id:daigakukabuu:20181004035109j:image

 

ここで時間があったので少し寄り道。

 

実は我々がロシアにくる2週間ほど前、我らがベガルタ仙台の西村拓真選手もCSKAモスクワというチームに移籍しました。

 

どうしても彼のユニフォームが欲しかったのでホテルチェックイン前にCSKAモスクワのホームスタジアム近辺にいってきました。

 

 


 

すごく近代的でかっこいいスタジアムだったのですが、特に試合もないのでスタジアム周辺は休業ムードユニフォームが売っているようなファンショップも空いておらず、

 

20 kgあるスーツケースを持って4 kmほど歩いた挙句手ぶらで帰るという悲しい結末を迎えてしまいました。

危うく腱鞘炎になるところでした。

 

ちなみに一緒に来ていた助教はこの裏で私以上の修羅場を迎えていたようで、後から聞いたところによると、予約したはずの宿がどこにもなく(フェイクだった)、ネット環境もない中英語もまともに通じないロシアで警察の方々に色々とお世話になっていたようです。

 

私と同期が予約したホテルは幸いなことに存在しており、1泊2人で5000円というリーズナブルさもさることながら、天井が非常に高く、エレベーターが例のシルキィ・ウトゥンドゥで有名なエレベーターのような雰囲気を醸し出しているステキなホテルでした。

 

次の日の悲劇も知らずにこのときは部屋の広さに興奮していたのが懐かしいです。

 

↓動画でも撮りましたのでよかったらみていってください。

youtu.be